What a Wonderful World!

世界の珍スポット - for curious travelers

ハウパービラ(シンガポール)

Haw Par Villa
(Singapore)

お笑い芸人のトークネタとして取り上げられた、シンガポールイチ奇抜な公園

赤と黄色が奇抜なHaw Par Villaの看板
門にはタイガーバームのトラ

Haw Par Villa駅を出て右に歩くとすぐに見えるのが、七福神やトラなどのオブジェがド派手なHaw Par Villaの看板。公園に入る前から、何やらただならぬ雰囲気を感じます。
この公園は昔タイガーバームガーデンと呼ばれていたこともあり、確かに門にはあのタイガーバームのトラが。
タイガーバームにまつわる歴史などが紹介されているのでしょうか。さっそく中に入ります。

薬を手に負傷気味のトラ

ところでタイガーバームはシンガポールのHaw Par Corporationが作っている軟膏で、その製法は中国の清時代にまで遡るほど歴史のあるものだとか。
清を飛び出した薬草商人の父から胡兄弟が製薬法を受け継ぎ、タイガーバームを創ったといわれています。
さて、タイガーバームを持ったトラのキャラクターを発見しましたが、薬を手にかなり塗装が剥げています。そして目がちょっと怖い。
公園の中に、他のタイガーバームの要素を探します。

初めて見た人面ガニ
開放的な人魚達
中華系寺院と自由の女神という異色の組み合わせ
タイガーバームを前になぜか相撲取り

しかしタイガーバームを求めれば求めるほど、それとはまったく関係のなさそうな相撲取り、寺、人面ガニなどのオブジェが並び、この公園のコンセプトがよく分からず混乱してきました。

地獄コーナーの入り口
罰その1、重しの刑
罰その2、ぶつ切りの刑
罰その3、輪切りの刑

極めつけは、この地獄絵図コーナー。大人が見ても結構恐ろしいオブジェが並びます。
それに表現があまりにも直接的過ぎて、日本だと展示できないのでは・・・などと勝手に考えてしまいます。
シンガポール人はここに子供を連れてきて、悪いことをするとこういうことになるんだよ!と教育するのでしょうか。子供向けにはあまりにも刺激的です。

どうやらタイガーバームを創った胡一家は、タイガーバームの販売促進のためにシンガポール、香港、中国(福建省)にタイガーバームガーデンを建てたそうです。
残念ながら香港のタイガーバームガーデンは閉鎖されていますが、中国のはまだ営業中の模様。
この公園には1,000個以上のオブジェがあるそうで、お好みのものを探してみてはいかが?と締めくくろうと思いましたが、
お笑い芸人さんに「そんなもんあるかい!」と突っ込まれそうなので、やめておきます。