What a Wonderful World!

世界の珍スポット - for curious travelers

カブレラ・ストーン博物館 (ペルー)

Museo Científico Javier Cabrera
(peru)

人類の遺産か、はたまた大いなる偽物か?謎に満ちたカブレラ・ストーン

あなたは「オーパーツ」の存在を信じますか?オーパーツとは「Out-of-Place artifact/場違いな工芸品」のこと。ペルー・イカ州にある「ハビエル・カブレラ科学博物館」には、世界のオーパーツファンを惹きつけてやまない謎の石が展示されています。

ハビエル・カブレラ科学博物館の内部

「ハビエル・カブレラ科学博物館」の創業者はイカ在住の医師、故・ハビエル・カブレラ氏。カブレラ氏はイカ郊外のオクカヘで見つかったという謎の石に、一目で魅了されてしまいました。なぜならその石には、常識ではありえないモチーフが刻まれていたからです。科学的な調査の結果、それらの石は約1万2000年前のものであることが分かりました。「カブレラ・ストーン」と呼ばれるその石は、本当にオーパーツなのでしょうか?

斧を手に恐竜と戦う勇猛な戦士。6500万年前に絶滅したとされる恐竜と、600万年前に誕生したとされるヒト(人類)が一緒に描かれています!
矢じりで恐竜を仕留めようとする人間と、その人間に食らいつく別の恐竜。すさまじい死闘が繰り広げられています
人間ではなく、魚を食べていたおとなしい恐竜もいたようです

カブレラ・ストーンには、古代人がいかに高度な医療技術を有していたかを示すものもあります。西洋で近代解剖学の基礎が築かれたとされるのは1500年代ですから、カブレラ氏が驚いたのも無理はありません。

胃や腸だけでなく、心臓の形も詳しく記されています
脳にできた腫瘍でも切除しているのでしょうか

ドイツ人気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが1912年に提唱した「大陸移動説」を、予言するかのようなモチーフまでありました。これを描いた人物は、宇宙から地球を眺めたとでもいうのでしょうか?

それぞれの大陸に家や動物が描かれているのはご愛敬
宇宙を漂うノアの箱舟のようにも見える不思議なデザイン。顔がついた彗星のようなものも飛んでいます
そんな宇宙の様子を観察する人。余裕の表情を浮かべていますね

その他、街角の土産物店で並んでいそうな、今風なタッチのカブレラ・ストーンもちらほら・・・・・・

ナスカの地上絵の試作品でしょうか?
太陽のようなひまわりのような?なんだか微笑ましいですね

先ほど「科学的な調査で約1万2000年前のものと判明」とご紹介しましたが、一方で「その調査方法は正しくない」という声も多々あるようです。具体的な発掘場所が不明であることや、「私が作りました」と名乗り出る人まで登場し、今では否定的な意見が優勢になってしまいました。それでも「これは間違いなく、本物のオーパーツだ!」と信じる人もたくさんいます。その真偽はいかに。ぜひご自身の目で確かめてみてくださいね。