What a Wonderful World!

世界の珍スポット - for curious travelers

ワット パーシー (タイ)

วัดภาษี
(thai)

何でもアリ?の奇抜なお寺

バンコクにはガイドブックにも載らない奇抜で面白いお寺がたくさんあります。その一つが「ワットパーシー」です。といっても在住日本人も多く住むエカマイ地区に在り、在住者には既に有名な寺院です。

本殿外観、お寺っぽくない
寺院入口、いろいろな屋台が出ています
高層コンドミニアムを背景に
おみくじ
願い事を書いた紙
地元住民は真剣にお祈りしています

まずその外観がタイの一般的な寺院とは異なります。まるで城か要塞の様な本殿は一見したところ仏教のお寺には見えません。また、この寺院は夜になるとド派手な電飾がピカピカ輝きだします。建物内にはタイ仏教の仏像の他にも、ヒンドゥーの神々の絵や像が祀られていたり、中華風の廟の様な一画があったりもします。さらに境内には動物の飼育小屋があり、ここでは大きな水牛が飼われています。その他にも犬、猫、鶏などが自由勝手にあちこちを歩き回っており、まさに何でも有りのカオスを感じさせるお寺です。

タイ仏教
ヒンドゥーの神々
中華風

ワットパーシーのすぐ裏にはセンセーブ運河が流れており、ここを走る運河ボートは今日もバンコク市民の生活の足となっています。“パーシー”とはタイ語で“税金”を意味するそうです。もともと「ワットパーシー」という名は、この場所で運河を通る船から通行税を徴収していたことに由来するといわれています。160年以上の長い歴史を持つこの寺院は、一時期は処刑場として使用されていたという話もあり、やはりタイの寺院の中でもユニークな存在であるといえます。

サングラスをかけた仏像
頭髪、髭ありの仏像?

善行により功徳を積むことを、タイでは“タンブン”と言います。寺院で飼育されている水牛に餌を与える行為はこのタンブンにあたるものと考えられています。本来ならば布施として寺院にお金を払って飼葉を入手するか、もしくは寺の外で購入した野菜などを持ち込むべきところですが、ワットパーシーでは飼育小屋の前に積んである草を勝手に与えることができます(これではタンブンにならないような気もしますが)。ここは街中の動物園以上に動物と身近に接する事ができる場所かもしれません。

飼育小屋
直接触れます

通常、一般の旅行者などが立ち寄ることの少ないワットパーシーですが、年に一度、十月末に行われるロイクラトン祭りの日だけは多くの参拝者がここを訪れます。ロイクラトンとはタイの灯篭流しです。寺院内外の屋台等で購入された無数の灯篭が、センセーブ運河に流されます。この一日だけ、ワットパーシーは大いに盛り上がります。

小学校も併設
すぐ裏は運河
周辺にはアパートが多く、日本人も多く住んでいます。